2021年08月28日

ペットボトル・キャップ

ペットボトルキャップ・パンダ.JPG

暦では「処暑」の時期。処暑お見舞いとは、使わないのかなぁ〜!?
残暑お見舞い申し上げます。
今月は、国内、海外共に日々、いろんな出来事がたくさんあり、情報過多で少々夏の疲れとともに、脳の疲れを実感致します。
そんな中、今月初旬に2度目のワクチン接種をシェフとともに無事終えました〜
シェフは接種後2日目に、倦怠感と発熱がありましたが。解熱剤でよくなり、
コ・マダムのお友達より、副反応には個人差があるよ!っと言われ、スポーツドリンク、冷えピタ、
解熱剤等、事前に用意しておきましたが、コ・マダムは副反応もなく、大丈夫でした。
接種後の生活は、変わりませんが、気持ち少しホッとしております。
引き続き感染症対策には、気を緩めてはいけませんね。

ところで、写真のパンダちゃん。体内にたくさんのペットボトルキャップを飲み込んでおられます。
2009年より、大丸・松坂屋各店舗で「ペットボトルキャップを集めて、世界の子供たちにワクチンを・・・」っという活動開始をされてましたが、今年5/31で終了されたとのこと。
前回は2月頃に納めに行ったのですが、先日、いつもの場所に、パンダちゃんが居ない!
数年前の改装、リニューアル後もどこに行ったの!?っと思っただけに、焦り気味。。。(TT)
information で伺ったところ、回収活動を止められたのこと。
(キャップを回収して、リサイクル業者に販売し、そのお金で世界の子供たちにワクチン購入に充てられてた)
自宅に戻り、なぜ止められたのか!?が気になり、ホームページを拝見すると、

    ・キャップ回収より、レジ袋などプラスチック使用料を削減する取り組みを優先
    ・回収活動により、各店舗よりのトラック輸送がCO2排出など、環境負荷がかかるため

CO2削減、世界基準が変化して取り止めになったこと、致し方なく思います。
ですが、このパンダちゃん。何とも言えない愛嬌があって、癒されてたのになぁ。。。
もう、会えないのはとっても残念ですが。。。
気を取り直して、他の回収場所を探してみたら、少し離れたスーパーにあった!!!
ペットボトルの回収箱の横に、小さいけど、ちゃんとキャップ用の箱がありました。
地道な活動ですが、引き続き集めていこうっと思ってます。




























posted by コ・マダム at 13:31| 日常事

2020年04月29日

コルク・リサイクル

3CD15E3F-1DBF-4C49-A2E8-FF159F3A7E88.jpeg

GWが始まりました〜 いいお天気ですね... みなさんステイホーム! それぞれに工夫を凝らしてガマンして過ごしておられことと思います。
コロナが無ければ、GWの時期、自宅でゆっくりと時間を過ごすことがなかっただろうに。。。っと思いながら、毎日有難いことに、やるべきこと、TO DO LIST から一つずつ片付けています。
大半はいつかやるべきこと、後回しに放置していたことが多いんですが・・・(汗)

写真のコルク。お店で飲んでいただいた、ワインのコルクをリサイクルのために、ワインが12本入る、カートンいっぱいになったので、先日、お送りさせていただきました。
7年前、インポーターさんの試飲会でコルク栓のリサイクル活動の記事を拝見したのがきっかけで、
捨てるのも・・・っと思ってたところ、回収されたコルク栓をまとめて障害者施設に寄付をして、新たに消しゴムスタンプの台になったり、カレンダー等、さまざまな商品に作り替えられます。
新たな商品に生まれ替わるまでの過程が障害者の方々の工賃アップに貢献しているようです。
http://www.re-kikou.org/katudo.html

この活動をSNSで発信したところ、当初より賛同いただいている本町のワインバー・ワインプラネットさん。
また、2年前より賛同いただいている難波の鉄板焼き・阿利布(オリーブ)さん。
リサイクル活動にご協力いただき、どうもありがとうございます!m(__)m

posted by コ・マダム at 14:01| 日常事

2020年01月26日

乾杯!

69663C53-CCC4-42B0-BF18-41A9785681E2.jpeg

インバウンドの影響で、Oribeにも年々、多くの海外よりのお客様が増えつつあります。
最近では、メール、お電話等で直接、お店にコンタクトを取られる方が多いです。
商社勤務の経験を生かして?コ・マダムの英語 or フランス語ならシェフにお任せして、なんとか
コミュニケーションを図っておりますが。。。

3年前、香港よりのお客様、貸し切りでご利用いただいた時のこと、お料理はシェフのおまかせコースで
始まり、”日本酒で乾杯!”が始まってすぐに、、、1杯目あーっという間に、そして、2杯目もすぐに
なくなり、、、
    あれっ、やばい!!!この調子なら、日本酒が足りなくなる!?
   (香港の乾杯は、一気に飲み干して、乾杯が続くことを思い出し・・・)

なので、急遽、ワインの配達をお願いしている酒屋さんに、無理を承知で日本酒の在庫確認を依頼し、届けていただいて、事無きを得ました。
たくさんの日本酒を飲んで、賑やかな宴となり、一安心致しました〜
外国の方をもてなすにも、その国の風習を予め知っておかないといけませんね。。。

Oribeでは主にワインなので、日本酒の種類は少ないですが、写真は新潟の小千谷市、伊乎乃・特別純米 無濾過原酒ひやおろし、さらっと飲んでいただけるのでシェフのお料理と合います。
グラスは青森の津軽びいどろ。雪が舞う青森の夜の街灯りをイメージした、1個ずつ手作りの伝統工芸品です。1つずつ色目が異なり、とっても美しいです。
日本のことも知っていただくためには、私たちも伝える努力をしなければいけません。。。
さあ、旧正月に入りました。 日本酒の準備は? 大丈夫ですよ!














posted by コ・マダム at 14:55| 日常事