2021年08月28日

ペットボトル・キャップ

ペットボトルキャップ・パンダ.JPG

暦では「処暑」の時期。処暑お見舞いとは、使わないのかなぁ〜!?
残暑お見舞い申し上げます。
今月は、国内、海外共に日々、いろんな出来事がたくさんあり、情報過多で少々夏の疲れとともに、脳の疲れを実感致します。
そんな中、今月初旬に2度目のワクチン接種をシェフとともに無事終えました〜
シェフは接種後2日目に、倦怠感と発熱がありましたが。解熱剤でよくなり、
コ・マダムのお友達より、副反応には個人差があるよ!っと言われ、スポーツドリンク、冷えピタ、
解熱剤等、事前に用意しておきましたが、コ・マダムは副反応もなく、大丈夫でした。
接種後の生活は、変わりませんが、気持ち少しホッとしております。
引き続き感染症対策には、気を緩めてはいけませんね。

ところで、写真のパンダちゃん。体内にたくさんのペットボトルキャップを飲み込んでおられます。
2009年より、大丸・松坂屋各店舗で「ペットボトルキャップを集めて、世界の子供たちにワクチンを・・・」っという活動開始をされてましたが、今年5/31で終了されたとのこと。
前回は2月頃に納めに行ったのですが、先日、いつもの場所に、パンダちゃんが居ない!
数年前の改装、リニューアル後もどこに行ったの!?っと思っただけに、焦り気味。。。(TT)
information で伺ったところ、回収活動を止められたのこと。
(キャップを回収して、リサイクル業者に販売し、そのお金で世界の子供たちにワクチン購入に充てられてた)
自宅に戻り、なぜ止められたのか!?が気になり、ホームページを拝見すると、

    ・キャップ回収より、レジ袋などプラスチック使用料を削減する取り組みを優先
    ・回収活動により、各店舗よりのトラック輸送がCO2排出など、環境負荷がかかるため

CO2削減、世界基準が変化して取り止めになったこと、致し方なく思います。
ですが、このパンダちゃん。何とも言えない愛嬌があって、癒されてたのになぁ。。。
もう、会えないのはとっても残念ですが。。。
気を取り直して、他の回収場所を探してみたら、少し離れたスーパーにあった!!!
ペットボトルの回収箱の横に、小さいけど、ちゃんとキャップ用の箱がありました。
地道な活動ですが、引き続き集めていこうっと思ってます。




























【日常事の最新記事】
posted by コ・マダム at 13:31| 日常事

2021年07月18日

きょうのおやつ

A4ED35B3-8542-45DB-8C22-2C4B9F87FC5E.jpeg

暑中お見舞い申し上げます!
梅雨が明けて、いよいよ夏本番になりますね〜
大阪は「まん延防止等重点措置法」が来月、22日まで適用なので、現状のOribeは、17時開店、19時ラストオーダー(お食事&酒類共に)、20時閉店で営業致しております。

感染症対策については、こちらのホームページ内の感染症対策をご覧下さいね。↓↓↓
https://o-ri-be.com/home/infomation-2/

また、facebook、インスタグラム等でも案内はしておりますので、覗いてみてくださいね〜
https://www.facebook.com/oribe2007
https://www.instagram.com/restaurant_oribe/

さて、久しぶりのおやつの投稿です。
自粛期間中に、少しずつ体重が増えつつあり・・・
きょうは、糖質控えめな、ナッツ類で。

久しぶりに、カルピスをいただきました!!!
何十年ぶりかな!? カルピスと言えば、水玉の上質な紙に包まれてた瓶で、子供の頃、夏休みに従姉達が泊りに来た時など特別な日、「お母さん、カルピス飲んでいい?」っと聞いて飲んだ記憶。。。
今はいろんな種類があるんですね。
5倍に希釈して、炭酸水で割って、レモンを入れていただきました〜
懐かしい味にほっこり致しました。
今年も不自由な夏休みとなりそうですが、そんな中でも「ある」ことに目を向けて、楽し〜い夏を満喫して
くださいね。













posted by コ・マダム at 11:52| グルメ

2021年06月19日

花一輪

芍薬.jpg

   ”立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花”
美しい人を形容することばで有名ですが、写真は立って見るのが美しい芍薬です。
もうそろそろ終わりの時期かな!?
自粛期間中に、お花を入れたり植物の植え替えなどで時間を過ごし、元気をいただいておりました〜
ホームセンターでも観葉植物のコーナーで、植え替え用の土を買いに行ったら、品薄だったり、
お花屋さんのお花もよく売れているようです。
そこにたった一輪のお花があるだけで、ちょっと気分が高揚したりしますね。

ところで、花一輪と言えば、千利休の朝顔の逸話を思い出します。
秀吉の家臣の間で、利休の庭に咲く朝顔が美しい・・・いう評判があった時。
ある朝、利休の朝茶に招かれた秀吉は、朝顔を楽しみに利休宅を訪れる。
庭先にもどこにも朝顔が見当たらない、秀吉は評判は本当なのか?っと思いつつ、茶室に案内された。
そしたら、床の間の花入れに、たった一輪の赤い朝顔が、見事に咲き誇っていた。
利休は、あえて床の間の花入れに一輪だけを残し、他の朝顔は全て刈り取っていたのでした。
ちょうど、30年位前に、三國連太郎さんが映画「利休と秀吉」の冒頭がこのシーンから始まり、
とても印象的でしたが。
利休の独特な美学に魅かれますが、そのもてなしを察する力も必要ですね。
あえて言わずに、相手に察していただく・・・
サービス業にも通じるところがありますが、先人の心得を大切にしたいものです。


















posted by コ・マダム at 13:46| 植物